HOME > クリニックでの看護師業務 > クリニック4

クリニック4

埼玉県在住の30代女性
産婦人科5年
看護師・助産師として産婦人科に勤務していました。

産婦人科クリニック、入院患者の配膳や食器洗いも看護師の仕事

産婦人科のクリニックに勤務していました。
看護師・助産師としての業務内容は、分娩・妊婦健診・各種婦人科健診・産婦人科手術などです。
看護師業務以外に、院内の掃除や洗濯・会計、入院患者がいるときには配膳・食器洗いなどをしていました。

クリニックから総合病院に転職したいと思ったこと

総合病院からクリニックへの転職だったので、また総合病院で働こうと思ったことはありません。
毎日ただ業務をこなすだけでも問題ないので、スキルアップしたいなら、勉強会などは自分が気を付けてアンテナを張っていないといけないと思います。
クリニックは残業が少ないので、育児との両立がしやすいです。
夜勤手当が多いです。
また、休日が決まっているのでプライベートの予定を立てやすいこともメリットだと思います。

クリニックでのデメリット

総合病院と違って勉強会などは自分から気を付けて調べないといけない。
機材が古かったり、びっくりするような使い方をしていることがあるので、対応するまでに少し時間がかかる。
看護業務以外の雑務が多い。
医師が雇用主なので気を使う。

クリニックで働いて辞めたいと思った事

特になし。

クリニックでの秘訣

総合病院からの転職では、こんなことまで看護師がやるの?と思うような仕事もあると思います。
ですが、残業が少なかったり、総合病院のように委員会が研究など持ち帰りの仕事がほとんどないのはとても魅力的です。
自分が何かやりたいときにも、院長に相談してやらせてもらえることも多かったです。
そういう意味ではとても良い職場だと思います。
ただ、今までのやり方よりもあまりに古いことをやっていたりする場面にも多く遭遇します。そのようなときでも割り切ってうまく対応できることは必要かと思います。
クリニックだからスキルアップができないということもありませんし、自分の時間や生活に合わせて無理なく働くことできる職場を選択するのは、自分の生活をより豊かなものにするためにも必要だと思います。